チケット争奪戦の結果

来年年明けは、エイトコンがありません。
そのかわりジャニーズWESTのライブ。

地元マリンメッセでは3公演
しかし、取れたチケットはわずか1公演...地味にショックでじわじわと残念感が...
土曜日は自分の分だけ1枚チャレンジしてダメ
日曜日は昼公演をお友達が、夜公演を私が、と分担した結果夜公演が取れました
今回、大阪はずっごく行きたかったけど諦めて地元に賭けたけどこの結果
厳しいですね

彼らはまだドームを満杯に出来るほどの力と知名度はありません(京セラなら何とか埋るレベル)
かといってアリーナではキャパが小さくて落選者が多く出る
中途半端な時期なんでしょうね
もう少し地方を多くまわってくれたらいいんだけどなー

思いのほか早く東京に出てしまっている彼ら
エイトのようにもう少し大阪で地盤を固めてからでもよかったのにと思うのですが、個人のお仕事を比較的多くやらせていただいているのでね(どうしてもドラマや映画は東京でってなるので)
まだ全国ネットの冠番組もないし、知名度もまだまだなんだけど、でもアリーナではチケット争奪戦が年々厳しくなってくる
そんな現実です

ネット配信のドラマ「炎の転校生」やらせていただいてます
ジャニーズでは画期的なネット配信
これと絡めてファミリーマートではコラボ商品やクリアファイルのプレゼント企画など
このクリアファイルもね、意外に残ってましてww
やはりまだまだでございます、ジャニーズWEST
みなさま引き続きどうかどうかご贔屓いだたけますよう、よろしくお願い申し上げますm(__)m


あ!アマデウス大千秋楽についてはまだ書ける体力が戻ってないんですがwww
客席で開演を待つ間、後ろのお席にご高齢の女性がお2人パンフレットを見ながら会話されていたんです
「桐山?桐山?」お1人の方がどうやら照史のことをご存じなかった様子
もう一人の方がすかさず「ほら!栄三郎よ!」と
すると「あ~あ!」とすぐ納得されましてね
照史を「あきと」とは読めなくても、ジャニーズWESTを知らなくても、朝ドラの栄三郎といえばすぐわかる
改めてNHKのすごさを実感
朝ドラに出させていただけたことに感謝いたしました
数年後でよいので大河にも使ってあげてくださいませねm(__)m


コメントくださったBさん
ありがとうございます

追記にお立ち寄りください






拍手とても嬉しいです
いつもありがとうございます
コメントはどなたもお気軽にどうぞ

続きを読む

スポンサーサイト

取り急ぎ近況のみ

アマデウス後、すっかり体調を崩しています。
更年期なのか、疲れなのか、とにかく色んな症状が一気にきました。
肩こり、冷え、動悸、胃部不快感...
仕事は休めないので行ってますが、家では最低限の家事だけして後はずっと寝てます。
すっかりぐうたらな生活です。
PCやスマホも最低限だけ触ってなるべく遠ざけています。

アマデウスの大千秋楽のことも熱く語りたいのですが、それはまた後日。
今月のふぉ~ゆ~の舞台と来月のクロマニヨンズのライブ、これにはベストな体調で臨みたいので、ひたすら寝ます。

では、また。

ステキな偶然

アマデウス、2回目
松竹座に行ってきました
大阪は照史のホームですからね
やはりここで見なくてはと思いまして

当日、フォロワーさんとお会いする約束をしまして、劇場の入り口で落ち合ってランチにいこうとしました
本来はお好み焼きのお店に行く予定だったのですが、お店がまだ開いてなくて、開演時間までに戻れるようにと劇場の地下にある食堂街へ変更しました
地下への入口に何故か警備員さんがお1人
その前を通り抜け、中へ入り、階段を探そうとしていたら...

え!幸四郎さん?

私たちの目の前に、ご贔屓筋の女性たちからプレゼントを受け取りながら会話をされている幸四郎さんがいたのです
情熱大陸で見た時と同じ、少しおひげがあってメガネをかけてラフな格好をされていたあの幸四郎さんそのままでした
びっくりしました
握手していただけないかと少し待ったのですがマネージャーさんらしき女性からもう時間がないので言われそれは諦めました
立ち去ろうとする幸四郎さんに思い切って「楽しみにしています」とお声掛けしたら、柔らかい笑顔と優しい声で「ありがとう」と会釈してくださって!
私たち2人はもう大感激、大興奮です
こんな偶然ってあるんですね
開演までわずか1時間半でした
もうすぐ劇場に立つ人と言葉を交わすことになろうとは思いもしませんでした
思ったよりも小柄な方でした
その方が劇場の板の上に立つととてつもなく大きくて存在感のある役者に変わってしまうんですねー

この日、ステキな偶然はこれだけではありませんでした
別のフォロワーさんが同じ回を見に来ているとリプくださって、思いがけずお会いすることに
初めてお会いするフォロワーさんでしたが、お互い初めてのような気がしなくて、終演後また会いましょうと約束してそれぞれの席に移動しました

東京では1Fのすごく近いお席
今回は2Fの後ろでしたが、舞台全体がよく見えていいお席でした
まわりは年配のご夫婦や女性同士が多くて、若い人はほとんどいませんでした
会話も関西弁がほとんどで地元の方が多かったのかな
(そういえばこの日、照史・流星の母校のPTAが研修で見に来ていました。PTAの研修名目での旅行などはよくありますが観劇ってパターンもあるんですね)

幸四郎さん、一段と切れの良い台詞まわしときびきびした動き、老人と壮年を見事に演じ分けるテクニックの素晴らしさ、75歳とは思えません
ただただ圧倒されます
照史くん、少し笑い声が抑えめだったかな?でも相変わらずのはじけっぷりでした
お茶目で可愛くて下品で奔放な1幕のモーツァルト
一転して苦悩する2幕のモーツァルト
この演じ分けがとにかくすごい!
溺愛で大変申し訳ないのですが、やっぱりお芝居が上手♡
情熱大陸ではリハの様子が少し映りました
演出家のオーダーに臨機応変に応え、演じてみせる照史の顔はプロの役者の顔でした
ちっともブサイクじゃありませんよ、ジャニーさんww
男らしい引き締まった顔つきでした

美帆さんは2歳のお嬢さんを大阪に連れてきているそうです
インスタやブログ、ツイッターで時々様子を教えてくださいます
お仕事に行く前、娘さんに泣かれるのは辛いとのつぶやき
仕事の内容こそ違え、世の中の働くお母さんはみんな同じ思いをしている
美帆さんもまた働くお母さんなんだなって親近感が湧きます
美帆さんの照史評は今のところ
周りの雰囲気をすぐ察知できて「背中に目があるみたい」
食事会の時も「みんなが楽しんでいるか常に周囲を見回しているヴォルフィ」
嬉しくてつい頬が緩んでしまいます
繊細で気ぃ使いな照史のことをよく見ててわかってくださっているんだな
あと少し、モーツァルト照史のことをよろしくお願いします


観劇後、お茶したフォロワーさんから(主にSMAPについて)今まで知らなかった色々な事を教えていただきました
それぞれにご贔屓のグループがあり、メンバーがいます
応援していると嬉しい事も、時に辛いことや腹立たしい事・理不尽な事もあります
初めてお会いしてもそういう事を忌憚なく話せる関係って不思議ですね
いつかは「パティスリーあきと」に行きましょう!と約束してお別れしました

ステキな偶然が2つも重なった、楽しい一日でした






拍手とても嬉しいです
いつもありがとうございます
コメントはどなたもお気軽にどうぞ

歴史を紐解いてみた

今日、博多座に光一王子を見に行ってまいりました
エンドレスショック2回目の観劇でした
初めて博多座の1F客席で見て大感動しました
通路挟んで横に座っていた女性が「昔、ヒガシが出てたのよ、ショックに」と言っていたのが耳に残り、先ほどウィキペディアで確認いたしました
エンドレスショックの歴史

2000年、ミレニアムショックとして始まったのがエンドレスショックの始まり
この時は今とストーリーも違い、カンパニーには光一君の他にヒガシ・翼くん・赤坂晃くん・MAの4人・Jr.だった上田・中丸・赤西
あの女性はこの頃から見ていたのだわ!すご~い!

次の2年間はショーゲキショック
この時のカンパニーには、翼くん・亮ちゃん・MA・KAT-TUNから亀・仁・聖・田口、はせじゅん・とっつー・辰巳くん・小山くん・藪くん・東新くん

2003年はショックイズリアルショック
この時は、斗真・MA・東新くん・かざぽん・KAT-TUN・ABC

2004年がショッキングショック
この時は、翼くん・東新くん・MA・かざぽん・とっつー

2005年からエンドレスショックとなりました
ここからどうやら光一に対してのライバルという存在と劇場のオーナーという存在が大きな比重を占めてきたようで、配役にちゃんと書かれてしました
2005年のライバルは翼くんと亮ちゃんのWキャスト
オーナーはこの年から2007までMAの秋山純くん
MAの残り3人・ABCの4人・高木くん・有岡くん・中島くんが出ています

2006年、ライバルは2005と同様のWキャスト
MAは4人とも出ていて、この年からふぉ~ゆ~の4人が参加するようになりました(ちなみにこの頃グループ名はMADでした)

2007年、ライバルが斗真1人になります
MA4人、MAD4人だけで、他のJr.の名前はありません

2008年、ここである出来事がおきます
3年連続でオーナーをしていた秋山純くんがいなくなり、オーナー役が(何故か)大倉くんに!
そしてライバルが屋良くんになります
この時の町田慎吾くんのジャニwebでの文章、今だに忘れられません
屋良っちがライバルに抜擢されたことを正直に悔しがっていたからです
温厚で優しいマーチンにしては珍しいなって思ったので覚えています
ずっと横一線でやってきた3人(屋良・米花・町田)から1人抜き出た形となったわけで、ここから10年屋良っちのライバル役が続くわけです
そしてMADもここから途切れずずっとバックを務めていきます

2009年、オーナーが植草くんになります
MA、MAD共に変わりなく出ています

2010年、ここからライバル役に内博貴が加わります
2月3月が屋良っち、7月が内くんという分け方でした
MA、MAD共に変わりなし

2011年、2012年はライバル役が内くんのみ(確か屋良っちがあまり表に出てこない時期があったので、もしかしたらこの頃だったのかな~?)
2012年といえば、初めてショックが地方公演を行った年です
そう、博多座がショック初の地方公演でした
わざわざ劇場をショックのために改装までしたのです(光一君のフライングのためですね)
以来、かかさず博多座に来てくれることを本当に嬉しく思います

2013年、とうとうこの年から町田慎吾・米花剛史がいなくなります
ショックにマーチンもヨネも出ない
これこそ私にとってはショックでした
米花くんは舞台人としての人生にピリオドを打ち、事務所を去りました
オーナー役に大ベテラン前田美波里
ライバル役にふたたび屋良っち
前年よりMADはふぉ~ゆ~と名前を変えており、参加
Jr.の岸優太くんもいました

2014年からは、屋良っちが帝劇、地方公演は内くんという分け方でライバルを演じるようになりました
ふぉ~ゆ~以外に、若いJr.が数人抜擢されるようになりました
たとえば関西Jr.の西畑くん
東京からは野澤くん、岸くん、諸星くん、松倉くん、松田くん......
Jrはどうやら光一くん自らオーディションをして選んでいるらしいのです
今年、浜中文一くんが加わっています
フレッシュな若手...ではありません(笑)
オーディションで選ばれたのかどうかも知りません
ですが、彼の存在はふぉ~ゆ~と若手Jr.とのちょうど中間といった感じで、いいアクセントだなと感じました
歌も芝居も上手い文ちゃんですが、やはりダンスは光ってましたね~!
サラサラの黒髪で華麗に踊る浜中文一
内くんにさりげなく寄り添う感じは、孤高のライバル・ウチに支えが出来た感じがしました

久々に見たエンドレスショックはやはり凄かった!
光一くんもですが、内くんに余裕と貫録が備わったようでした
ふぉ~ゆ~は2015年から帝劇と地方公演で2人ずつ分かれて出るようになっています
どうして4人一緒じゃないの?とファンの方は思っているでしょうが、若手Jr.を入れていくためにも必要なことかもしれないと思います
ふぉ~ゆ~も少しずつ自分たち単独の舞台や仕事が増えてきましたから、彼らの代わりに光一くんのサポートが出来る子も育てておかなければならないでしょうし

それにしても光一くんはいつまでやり続けていくんでしょう
Show must go on
まだまだこの言葉を実践し続けていくんでしょうね、きっと






拍手とても嬉しいです
いつもありがとうございます
コメントはどなたもお気軽にどうぞ

関ジュのクリパ

今年も12月の松竹座は関ジュのクリパです
今回は関ジュを2グループに分け、それぞれ日程を分けての舞台
今、関西を率いている主要メンバー4人を3人と1人にわけ、それぞれにJr.をつけるというシステム
年齢が高いグループ、低いグループといった分け方なのか?
同じ関ジュ内で競わせるという意味合いもあるのだろうし、それぞれに発奮して工夫をこらしてステージをやれば見に来るファンは喜ぶだろう
ただ、名前の出ていないメンバーもちらほら
私のご贔屓林真鳥くんも、関ジュで一番目立っているリチャも名前が出ていない
もちろん、今現在のことだから不確定だし、もしかしたらってこともあるのかもしれないけれど......

夏はエイトのバックについていたから松竹座にはいなかった真鳥
これも、本当はどっちが先に決まっていたのかファンにはわからない
松竹座に漏れたメンバーをエイトがバックにつけてくれたのかもしれないし、その逆も......?(その逆は無さそうだけど)
とにかく、松竹座はいつも蓋を開けてみなければわからないという部分があり、お目当てのメンバーがステージにいなくなっていて初めて事務所を辞めたんだって知ることが、何度となく繰り返されてきた
淳太くんの10000字でもこの事は触れられていた
辞めてしまった子のファンが舞台を見て泣く
その姿を見て、辞めたけどがんばってるよって言ってあげたいけどそれが出来ないもどかしさ
ファンを泣かせてしまうことの辛さ...etc

今回、エイトのバックで真鳥はすごく必死にはっちゃけて踊っていた
もちろん関ジュのコーナーの構成や振り付けを任されたという責任感もあっただろうけど
あまりの張り切りぶりに「もしかしたらこれを最後に辞めるつもりなの?」とすごく不安になったのも事実
その後たまた見た記事で、まだまだこれからも頑張るという真鳥の言葉を見て安心はしたものの、今回クリパに名前がなかったのをどう考えればいいのだろう
今のところ、エイトは冬に何かやるという情報はないし、ジャニストもツアーの予定はない


こんな事をつらつらと考えていたら、どこからともなくごき○りが飛んできてカーテンにーーーー!
こ、怖い......

不吉なことは考えないようにします

来月にはジャニーズWESTのネット配信ドラマが始まります
今、渋谷にはそのポスターがたくさん貼られているらしく、ツイッターに画像がたくさん上がっています
とてもカッコいいポスターです
ドラマが楽しみです
明日はやっと福岡でもクロニクルが見られるのよ!3週遅れだけど
今日はお兄ちゃんズが夜会のロケをしていたという目情もあったし
楽しいこと、色々あるよ
きっと大丈夫






拍手とても嬉しいです
いつもありがとうございます
コメントはどなたもお気軽にどうぞ

プロフィール

しのらん

Author:しのらん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード